賃貸物件を借りていた個人や企業は、引っ越しや事務所移転をする際には賃貸物件の原状回復工事を行うことが必要になります。引っ越しや事務所移転をする際には膨大なコストが必要になりますが、原状回復費用をコストダウンすることによって、引っ越しや事務所移転の全体のコスト削減に繋がります。原状回復費用のコストダウンを図るには、業者選びと工事内容の選別が大切になってきます。原状回復費用のコストダウンを図るための業者選びに際しては、中間業者を排除することがポイントになり、中間コストを削減することによって、工事代を大幅に安くすることができます。原状回復工事では必要最小限の工事だけを行うと、工事代を削減することができます。そのためには不必要な工事をしないことがポイントになります。

原状回復費用のコストダウンのポイント

原状回復費用のコストダウンを図るためには、工事業者の選定が大事なポイントになります。工事代は業者によって違いがあり、少しでも工事代が安い業者を選ぶことが大切です。原状回復工事の業者は、あらかじめオーナーによって指定されていることが多いですが、交渉次第で工事業者を変更することは可能です。オーナーとの交渉を成功させるためには交渉力が必要になってきますが、交渉を代行してくれるコンサルタント会社が存在しますので、コンサルタント会社に交渉を任せると工事業者の変更が可能になるケースが多いです。工事代が安い業者は工事を下請けに丸投げせずに、全ての工事を自社施工で行ってくれます。自社施工だと中間コストを削減することができ、原状回復費用の大幅なコストダウンが可能になります。

原状回復費用をコストダウンすることのメリットと居抜きでの退去

事務所移転をする際の原状回復費用の相場は1坪あたり約5万円です。100坪のオフィスだと約500万円の原状回復費用がかかりますので、企業にとっては大きな出費になります。原状回復費用のコストダウンを図ると費用の大幅な削減に繋がり、企業は事務所移転に伴う出費を抑えられるというメリットが得られます。事務所移転の際の原状回復費用をコストダウンする最良の方法は、居抜きで退去することです。賃貸物件に設置している設備をそのままの状態にして退去することができるため、原状回復工事がほとんど不要になります。居抜きで退去をするには、オーナーと交渉することが必要になりますが、コンサルタント会社に依頼すると、オーナーとの交渉を代行してもらえます。コンサルタント会社には居抜き物件に入居してくれる企業探しも依頼することが可能です。